遺伝する病気とは

遺伝する病気について

癌は遺伝する病気なのか?

病気の中でも恐ろしいイメージのある癌ですが、現在の医学では早期に発見治療すれば根治を目指せる病気となりました。会話の中でよくうちはがん家系だから、という言葉を耳にしますががん学会によると遺伝性の癌といえる物はとても少なく遺伝する確率は平均1%以下と言われているのです。がんの原因になる多くは飲酒や喫煙、食生活等の生活習慣が原因の可能性が高いと言われています。その為家系の中で祖父母や両親等がんになる人が多いという場合、がんになるリスクを高めるような生活習慣を家族で共有しているという場合が多いと言えます。

遺伝に関する疾患について

単一病、多因子疾患、染色体異常があり、親がそれらの変異を持っていて、子に伝わる場合と親自身にはそうした変異が全く無いにも関わらず、突然変異によって起こる場合とがあります。突然変異は生物やウイルスがもつ物質の質的・量的変化あるいはその変化によって生じる状態をいいます。親から子への常染色体優性、常染色体劣性、X連鎖性劣性、X染色体優性があります。また、病気が環境要因によるものかそれとも遺伝要因によるものか研究された多くの事例がありますが、未だ明確な解明はされていません。病気の要因というよりもただ遺伝子を変えることは出来ないがこれに影響する環境を変えることは出来るということは明らかにされているのです。

↑PAGE TOP

Copyright © 遺伝する病気について All rights reserved