パーキンソン病の治療

パーキンソン病の薬物治療

パーキンソン病の薬物治療とは

パーキンソン病とは、脳の運動制御系に関する神経の働きが障害されることで手足の震えなどを来たすものであり、脳の伝達物質であるドーパミンという物質が不足することによって発生します。パーキンソン病の治療にはドーパミンの補充療法が用いられますが、通常直接ドーパミンを投与しても脳の入り口のバリアに阻まれて効果が表れません。そのため、脳への浸透率が高くなるような処置を施した特別なドーパミンを投与することによって治療するのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 遺伝する病気について All rights reserved