遺伝性の病気に対処

遺伝性の病気に対処するには

病気が発症する確率に遺伝要素

病気は遺伝します。しかし、発症するかどうかは、環境面も影響します。どちらのリスクが大きいかは、疾患ごとに違います。特に、生活習慣病の中では高血圧と糖尿病、アレルギー疾患ではアトピー、精神疾患ではADHD、がんでは乳がんと卵巣がん、それに若年性アルツハイマー病や目の黄斑変性などは、遺伝子による影響が大きいです。ただし、家系的にリスクを背負ったからといって、それが原因となるわけではありません。発症する確率が通常の人より高いだけであること注意しましょう。環境面を良く保つことで、病気の発症は抑えられます。

遺伝による病気に対処する方法

親の遺伝により病気がちといった場合はどのように対処すればいいでしょうか?それは、前向きに治療に取り組むことです。自分の症状に合った病院を受診し治療しましょう。治療だけではなく食生活も改善しましょう。インスタント食品、ファーストフード、外食などはできるだけ控えて体にいい食事をとるようにしましょう。さらに、生活習慣も見直すことも重要です。規則正しい生活は体のリズムを整えます。朝日を浴びたり近所をウオーキングすることによって病気の改善に役立ちます。遺伝だからと言ってあきらめたりしないようにしましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 遺伝する病気について All rights reserved